메뉴닫기
産業/経済
home 産業/経済 企業現況
企業現況
光明の産業現況

 わが故郷であるクァンミョン(光明)市には、自動車メーカーの起亜自動車と、その他の様々な工場で生産される製品としては、機械、電子、繊維、紙、プラスチック、食料品や様々な先端業種があり、デザインクラスターおよび光明駅勢圏などに先端知識産業センター(アパート型工場)が建立されることにより、わがクァンミョン(光明)市は、名実共に西南部圏を代表する自足都市、経済都市として成長することが期待されている。

工場登録現況:計 583 社

クァンミョン・テクノパーク:計 709 社

エース光明タワー:計 152 社

クァンミョン示範公団:計 121 社

クァンミョン・テクノタウン:計 26 社

起亜自動車工場

クァンミョン(光明)市ソハ(所下)洞にある起亜自動車工場は、一括製造の生産体制で行われる国内初の総合自動車工場で、79万㎡の敷地に年間35万台の自動車生産能力を有し、「プライド」と「カーニバル」を生産している。

ソウルから最も近い自動車工場のため、交通や人材・資源の流入が便利で、完成品が首都圏にスムーズに供給される地理的なメリットが揃っている。

中小流通共同卸売物流センター

大型マートや企業型スーパーの拡大により売上不振などの困難を抱えている中小流通商人を支援するため、光明市衿下路468(所下洞)に建てられた中小流通共同卸売物流センターには、先端の物流システム、物流装備、販売施設などが設けられており、共同購買を通じた原価節減、共同保管と共同販売を通じた物流費用節減を導くことで小規模商店街の競争力を向上させることと期待されている。また、消費者も低価格で必要なものを購入できるようになり、庶民経済と物価安定に貢献するだろうと見られている。

京畿道光明市所下一路7(所下洞)

主な施設
  • ペウムセム(学びの泉)こども資料室

    こども及び乳幼児のための空間で、クムセム(夢の泉/幼児資料室)とチェクソリ(本の音)室で構成されています。

  • 総合資料室Ⅰ

    人文社会科学、自然科学、技術科学など様々な分野の書籍や関連・参考資料(写真、図鑑など)が揃っています。

  • 総合資料室Ⅱ

    専門誌を含めた様々な刊行物や総合日刊紙などの新聞が揃っており、インターネット情報検索、文書の編集・出力、DVDや衛星放送の視聴などができる空間です。