메뉴닫기
クァンミョン(光明)市紹介
沿革
沿革
年代 沿革
高句麗 インボルノ(仍伐奴)県に属する
757年(新羅キョンドクワン(慶徳王) 16年) コクヤン(穀壌)県からユルジン(栗津)郡に属する
940年(高麗テジョン(太宗) 23年) クンジュ(衿州)県に属する
1413年(朝鮮テジョン(太宗) 13年) クムチョン(衿川)県に属する
1895年(朝鮮コジョン(高宗) 32年) シフン(始興)郡に属する
1914. 3. 1 総督府令第111号(1913. 12. 29 公布)によってクムチョン(衿川)、アンサン(安山)、カチョン(果川)の3郡がシフン(始興)郡に統合され、シフン(始興)郡西面となる
1970. 6. 10 シフン(始興)郡条例第199号(1970. 6. 10 公布)によってクァンミョン(光明)里、チョンルサン(鉄山)里を 管轄する西面クァンミョン(光明)出張所を設置
1974. 6. 1 シフン(始興)郡条例第401号(1974. 6. 1 公布)によって西面クァンミョン(光明)出張所をシフン(始興)郡クァンミョン(光明)出張所に昇格
1976. 4. 20 クァンミョン(光明)出張所7分所を設置
1979. 5. 1 大統領令第9409号(1979. 4. 7 公布)によって西面がソハ(所下)邑に 昇格
1981. 7. 1 法律第3425号(1981. 4. 13 公布)によってシフン(始興)郡ソハ(所下)邑と クァンミョン(光明)出張所がクァンミョン(光明)市に昇格
1983. 2. 15 大統領令第11027号(1983. 1. 10 公布)によってシフン(始興)郡ソレ(蘇萊)邑 オクギル(玉吉)里一部がクァンミョン(光明)市に編入
1987. 1. 1 大統領令第12007号(1986. 12. 23 公布)によってソハ(所下)洞一部をアニャン(安養)市に編入
1990. 5. 20 クァンミョン(光明)市条例第601号(1990. 5. 7 公布)によってクァンミョン(光明)市ハアン(下安)洞がハアン(下安)1、2洞へと行政洞が分離(16洞)
1990. 12. 10 クァンミョン(光明)市条例第620号(1990. 12. 5 公布)によってクァンミョン(光明)市ハアン(下安)2洞がハアン(下安)2、3洞へと行政洞が分離(17洞)
1992. 1. 3 クァンミョン(光明)市条例第691号(1992. 1.3 公布)によってハアン(下安)洞一部をチョルサン(鉄山)洞に、チョルサン(鉄山)洞、ハアン(下安)洞一部をソハ(所下)洞に編入
1995. 3. 1 法律第4802号(1994. 12. 22 公布)によってソウル市九老(クロ)区、ソウル市クムチョン(衿川)区との境界を調整
1995. 3. 6 クァンミョン(光明)市条例第866号(1995. 3. 6 公布)によってクァンミョン(光明)市ハアン(下安)2洞がハアン(下安)2、4洞へと行政洞が分離(18洞)