메뉴닫기
文化観光
市立艺术团
市立芸術団
市民の情緒と地方の文化芸術の伝達のために構成されており、少年少女合唱団、合唱団、農楽団です。各芸術団の団長は副市長が引き受けています。
市立少年少女合唱団
光明市立少年少女合唱団は1997年に創設し、今までに39回の定期演奏会とアメリカ カーネギーホールにて演奏、2002年韓国と日本共済のワールドカップにて広報使節団としてヨーロッパ4か国巡回演奏とアメリカ オースティン市招待講演を持つなど、多くの演奏を通して市民の合唱音楽の発展に大きく寄与し、国の宣伝にも大きく貢献しています。去る2011年12月にはKBS交響楽団の招待でKBSホールと芸術の舞台で公演された定期演奏会共演を通して質の高い合唱を見せ観客やクラシック音楽界から大きな拍手と喝采を受けた。また、韓国の伝統舞踊をはじめ、ミュージカル、K-POPなど様々なジャンルを幅広く演奏し、現在はパク・フン指揮者と70人のメンバーが青少年文化芸術をリードし、熱い情熱と努力で多くの市民から大きな愛されています。
市立合唱団
2000年11月に結成されたクァンミョン(光明)市立合唱団は今までたくさんの活動を通し全国的に知られており、国内公演だけでなく東ヨーロッパやアジア等の海外においても成功的に招待演奏をし、他地域文化芸術招待演奏にも参与している。2011年初代指揮者であるキム・ヨンジン氏が委嘱された後、訪ねていく音楽会や街頭公演、教室コンサート等数多くの祝祭や行事に出演し、クァンミョン文化芸術の優秀性を知らせ、市民とも音楽を中心に疎通している。またクァンミョン(光明)市の姉妹都市である中国聊城市公演を通じて両国両都市の友情を深めることに成功した。さらには世界的なソプラノであるチョ・スミとの2年連続前後区ツアー公演を行い、6.25戦争追悼記念行事と8.15光復節を祝う国家行事にも参加し、文化芸術の文化の歴史を新しく刻んでいる。クァンミョン(光明)市だけでなく全国的、世界的に最も優れた合唱団になるため今も絶えず努力しています。
市立農楽団
クァンミョン(光明)市立農楽団は2010年4月に創られ、芸術団としてキョンギド(京畿道)無形文化財第20号クァンミョン農楽の保存と伝承のためにアメリカオースティン市、中国聊城市等海外姉妹都市との文化交流事業を行っています。音楽会、クァンミョン農楽祭り、グルムサン芸術祭など多様な行事を通して市民とともに楽しむ伝統文化芸術団として存在感を示しています。