메뉴닫기
文化観光
文化遺跡
  • 国指定文化財
      国指定文化財としては、朝鮮16代王であるインジョ(仁祖)の長男で、悲運の王子として知られるソヒョンセザ(昭顯世子)の妻、 ミヌェビン(愍懷嬪)姜氏の墓である永懐園(別名「エギヌン」)が1991年史跡357号に指定されたほか、2005年 忠賢博物館に所蔵されている李元翼の肖像1点が宝物1435号に指定された。
    イ・ウォニクの肖像1点が宝物1435号に指定された。
    また、2001年11月には重要無形文化財29号「ソドソリ(西道の歌)」の保有者として長年地元で 活動してきたイ・チュンモクさんが指定され、伝統芸術保存の契機となった。
  • 道指定文化財
    1978年イ・ウォニク(李元翼)の遺影が道有形文化財80号に指定されて以来、2009年12月現在 13点が 指定されている。このうち、朝鮮中期の名臣で清白吏としてクァンミョン(光明)市を代表する郷土偉人であるイ・ウォニク(号はオリ(梧里))先生の遺物が多く指定されている。また、今から約2,000年前の青銅器時代の遺跡である カハク(駕鶴)洞の支石墓と伝統芸術の光明農楽が無形文化財として指定され、伝承・保存されている。
  • 郷土文化遺産
       地域の様々な伝統文化遺産を保存するため、郷土文化遺産指定制度を運営しており、青銅器時代の 遺跡であるチョルサン(鉄山)洞支石墓(1号)、朝鮮後期の名臣であるチョン・ウォニョン先生の墓(2号)、文禄・慶長の役のとき、チュンムゴン(忠武公)イ・スンシン将軍の指揮下で 大きな功績をあげて宣武功臣3等になったムイゴン(武毅公)イ・スンシン将軍の 墓(4号)、文禄・慶長の役のとき、ジョンジョ(宣祖)を護衛して避難させた盆城君・金応寿(キム・ウンス)先生を祀っている祠堂の永慕齋とノオンサ洞トンチャンゴル の宗家に伝わる教旨15点(5号)、ノオンサ洞阿方理村に伝わる農民の労働謡である阿方理 農謡(6号)、カハク(駕鶴)洞カゴル(駕谷)スンチャン(淳昌)ソル(薛)氏の門中に保管されているソル・ゲジョ先生の遺影(7号)が指定されている。